読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・不動産の備忘録

新築戸建てを購入した一児の父が家購入を機に家や土地などの不動産について知った情報をメモかわりに書き綴っていきます。今まで意識していなかった不動産について勉強していきます。

住宅ローン「フラット35」が2017年度から0.25%優遇される件

こないだ新聞を見ていて知ったのですが、住宅ローンのフラット35を利用する予定の債務者にとって、大きな希望ともいえる政策があったようです。

住宅ローン「フラット35」の金利を0.25%引き下げる優遇措置

政府は来年度予算案で子育て世帯の住宅ローンの優遇措置に関する政策を導入することにしたようです。

2017年度からスタートする予定なので、はっきりと何月からということは記載されていませんでしたが、住宅ローンのフラット35で借入した場合には、なんと!

金利を0.25%

引き下げてくれるようです。

この引き下げた分のお金は、国が負担してくれるとのこと。

優遇措置の適用はいつから?

先ほども少し触れましたが、「2017年度から始める」という記載だけで(参考:マイナビニュース)詳細の記載がありません。。。

おそらく2017年度とのことなので4月からじゃないかなと勝手に予想していますが、本当に4月からなのであれば、僕が最近家を買ってしまったのはとてもタイミングが悪かったと言えます…笑

すでに借りてしまった人への救済措置などはないのでしょうか?

仮にあったとしたら、おそらくさかのぼって1年や2年以内に借り入れた人が対象になるんじゃないかなと思いますね。

家や土地の購入には金利が大切

今回家を購入した際に痛感したのですが、多額のお金を借りる時は、ちょっとの金利の差でも最終の支払総額の金額が大きく変わってきますので、いつ借りるかというのが大切になってきます。

とはいえ、金利が安くなるのを待っていてもいつになるか分かりませんし、それまでに家や土地が他の人に契約されてしまう可能性があるので、ある程度の妥協は必要になってきますね。

 

今後、もう少し「フラット35の優遇措置」についてさらに詳細の情報がでてきましたら、またお知らせしたいと思います。